チーム紹介

Testosterone

Testosterone

代表

1988年生まれの27歳。学生時代は110キロに達する肥満児だったが、米国留学中に筋トレと出会い40キロ近いダイエットに成功する。自身の人生を大きく変えた筋トレという文化を日本に広める事をライフラークとしている。題して“日本筋トレ革命”。本人は至って本気で筋トレを通して日本の抱える問題の殆どを解決できると信じて行動している。DIETGENIUSの発起人であり代表。 大学時代に打ち込んだ総合格闘技ではUFCのトッププロ選手と生活をともにし、最先端のトレーニング理論とスポーツ栄養学を学ぶ。現在はとあるアジアの大都市で社長として働きつつ、正しい筋トレと栄養学の知識を日本に普及し社会貢献する事に尽力している。 著書に筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法』(U-CAN)がある。

エースマン

エースマン

トレーナー

子どものころからギリシャ彫刻のような肉体美に憧れをもつ。早稲田大学国際教養学部入学後に本格的にボディビルを始める。日本を代表するフィジーク選手である。 2011年にミスター早稲田ボディビルコンテストで優勝しMr.早稲田になる。現在は様々な大会に出場する傍ら、マッチョ29のメンバーとして精力的に社会にマッチョを広める活動を行っている。2015年JBBFメンズフィジークアジア選考大会178㎝超級3位、同年JBBFメンズフィジーク全日本大会178㎝超級4位。選手としてではなく、彼自身NSCA-CPT(認定パーソナルトレーナー)取得のバリバリのトレーナーでもある。

Miharu

Miharu

トレーナー

日本有数の女性フィットネスモデルとして活躍する傍ら、メイクアップアーティスト、コスプレイヤー等様々な肩書を持つ。 国内外の女性から圧倒的支持を受けるフィットネスモデル・タレントであり、マルチな分野で活躍している。 香港 CENTRALにあるパーソナルジム『LEVEL BEST FITNESS』代表。 オールジャパン フィットネスビキニ選手権2016 カテゴリー優勝・オーバーオール2位 世界フィットネス選手権出場。

ケビン

ケビン

トレーナー

身長178㎝体重93㎏という規格外の肉体を持つケビン氏。日本を代表して世界の舞台で戦うフィジーク選手である。選手としてだけではなく、トレーナーとしても一流でありNSCA-CSCS(パーソナルトレーナーの国際ライセンス、業界最高権威)を取得。2011年Musclemania Model AmericaFinalist(日本人初出場)、2012年Best body Japan初代Finalist、2013年Musclemania Model Universe17位、Best body Japan 東京大会4位、2014年Musclemania Asia Physique準優勝、Musclemania America physique4位(日本人初のTOP5)と、圧倒的な経歴の持ち主である。筋トレを始めたキッカケがラグビーの競技力向上目的であったため、フィジカル向上やバルクアップ指導も得意とする。

リラックマン

リラックマン

トレーナー

トレーニングの魅力に取り憑かれ、大学入学を機にパワーリフティングを始める。パワーリフティングでは輝かしい成績を残し、筋トレをする者であれば驚愕するスクワット182.5kgx17をこなす心身共に強靭な選手である。
「フィットネスを通して日本を豊かで健康に」という 理念に共感しDIETGENIUSに参加。 一般層にフィットネスを広める事は勿論の事、日本のアスリートのフィジカル向上に貢献する事を信条としている。
 【主な成績】 ・2010~12年 全日本学生大会3連覇、複数階級で学生記録を更新する
・2015年 和歌山国体(公開競技)74キロ級優勝 ・2016年 ジャパンクラシック74キロ級優勝

中村厚志

中村厚志

トレーナー

身 長 : 174㎝ 体 重 : オン78kg、オフ90kg 血液型 : A型 <ニックネーム> ロダン <出身地> 青森県三沢市 <職種> フリーランスパーソナルトレーナー <趣味> ウェイトトレーニング・旅行・ゲーム <好きな食べ物・飲み物> 肉類・魚介類・ラーメン・ビール・コーラ・天然水・炭酸水 <スポーツ歴> 野球 (Jr.リトルリーグ、学生時代、草野球・守備/エース、バッター/4番) 陸上(学生時代) アイスホッケー3年(学生時代) スケボー5年 サーフィン1年 ブラジリアン柔術1年 フィジークコンテスト3年 <競技・フィジークコンテストの大会実績> 1990年 青森県八戸市 市内陸上競技大会 走り幅跳び総合1位 2013年7月 ベストボディジャパン東京大会 ファイナリスト 2014年8月 オールジャパン選手権 3位 2014年10月 グアム親善大会 2位 2015年4月 アジア選考大会 2位 2015年9月 世界選考大会 2位 2015年11月 世界選手権大会 (日本人として初出場)14位 2016年アーノルドクラシック (日本人として初出場)15位 2016年オールジャパン選手権 3位

芦名佑介

芦名佑介

Director of communication

186cm100kg。慶應高校、慶應大学、U19日本代表アメフトでそれぞれ主将を務める驚異のキャプテンシーを持つ。電通に入社しコピーライターとして活躍。コカ・コーラ、ディズニーランド、早慶戦のCM企画とコピーライターを担当する。プルデンシャル生命にヘッドハンティングされ、営業として活躍後、史上最年少で営業所長(最高月収2400万円)になる。しかし退社し、米国ハリウッドに俳優として挑戦。すぐさま舞台デビューを果たす。勉学、スポーツ、ビジネス、アートと、どの分野でも成功するメンタリティや価値観がSNSで支持されており、現在全ての活動を無報酬でやっている。

OJ

OJ

弁護士

182cm 92kg。高校よりラグビーを始め、大学ラグビー部では4年間で3度の日本一を経験。 卒業後、弁護士となり、現在、六本木の某法律事務所に勤務。ラガーマン弁護士として、講演や執筆を行う中、何よりも筋トレを愛し、日々生活を送っている。 目標は、スポーツを通じて、世界に夢と感動を与えること。すべては筋トレで解決できるというTestosterone氏に共感し、チームに参画。

角田聖奈

角田聖奈

トレーナー

1992/11/5生まれ23歳。日本と台湾のハーフ。 モデルやイベントコンパニオンをしながら日々健康的なメリハリボディを追求しトレーニングに励む。栄養士と食育インストラクターの資格を持ち、日々のトレーニングや食事をSNSなどで発信している。趣味はウエイトトレーニングと食べ歩き、特技は大食い。 ベストボディジャパン2015東京大会ガールズクラスグランプリ、日本大会ファイナリスト。 健康美を広めるためにミスワールドにエントリーし、現在日本代表のファイナリストに残っている。

榊原直樹

榊原直樹

アドバイザー

日本で唯一DACBSP(米国カイオプラクティック委員会スポーツドクターの最高学位)とCSCS(アスリートのトレーニング、コンディショニング専門家の為の認定資格)を併せ持つ国内最高峰のスポーツドクター。国内外の様々なトップアスリートも患者として持ち、自身も元ボディビルダーという国内最強スポーツドクターでもある。 日本人では榊原氏が唯一のDACBSP資格者であり、榊原氏の経歴を見れば彼がいかに信頼を置かれているドクターなのか一目瞭然である。以下が榊原氏の活動のごく一部である。 • 2006 冬季オリンピック帯同ドクター(イタリア) • 2009 ワールドゲームズ帯同ドクター(台湾) • 2011 世界ベンチプレス選手権大会帯同ドクター(オーストリア) • 2011 世界パワーリフティング選手権大会帯同ドクター(チェコ) • 2012 世界パワーリフティング選手権大会帯同ドクター(プエルトリコ) 榊原Dr.の治療院のウェブサイト sportsdoc.jp

重久正

重久正

アドバイザー

中部地区最大規模にして最高レベルの技術、フィットネスを提供し続ける総合格闘技道場ALIVEにてプロ格闘家や一般の方の指導にあたる重久氏。某大手スポーツクラブでのマネージャー経験や、自衛隊所属という経歴もある。 重久氏自身もトレーニング論やスポーツ栄養学等を学ぶ為に渡米し、フィットネス界では聖地とされているベニスビーチにある某有名スポーツクラブにて一年間 滞在し本場アメリカのトレーニングの基礎を学んだ。プロのアスリートのパフォーマンス向上、体重コントロールを専門としており世界で活躍するトッププロ選手達からの信頼は厚い。