最強の食べ方WEB版・目次

1.最強の食べ方・概要

最強の食べ方について、どのような経緯でこの本とWEB版が生まれたのか、
なぜこの食事法が最強なのかについて説明しています。

2.マクロ管理法について

この本とWEB版の重要な考え方である、『マクロ食事法』についての説明です。
マクロ食事法とはなんなのか。またそれを構成する4つの栄養素について解説しています。

3.マクロ計算シミュレーター

実際に自身のマクロを計算することができます。
このページの結果をもとに食事を組むことができれば結果はついてきます。

世界一シンプルで世界一続く!最強の「マクロ管理法」

私があらゆるダイエット法の中で猛プッシュするマクロ管理法。
これは、あなたの性別・身長・体重・年齢、そして3段階に分けて活動量から算出した1日に摂取すべき総カロリーと、そこから導かれたマクロバランスに沿って食べるだけという超シンプルな食事法だ。

要は、あなたに必要なマクロ栄養素(タンパク質・炭水化物・脂質)を指定されただけ食べていけばいい。これを粛々と実行していくだけで、自然と身体は変わっていく。

いきなり「マクロ管理法」と言われても難しそうと思うかもしれないが、心配は無用。マクロ管理法をマスターすることは簡単である。

実際に私は、数多くのダイエット法を試してきたが、マクロ管理法が最もわかりやすく、習慣化しやすいと感じている。というか、マクロ管理法と出会って以降、新しいダイエットは何も試していない。

これ以上何も必要ないし、よいダイエットはすべてこのマクロ管理法が基盤になっているからだ。

ダイエットでたった一つだけ守るべき鉄則があるとすれば、このマクロ管理法と言ってもいい。他のルールなど、マクロ管理ができるようになってから覚えればいいというレベルだ。

マクロ栄養素とは

このマクロ管理法を実践するうえで「マクロ栄養素」を知っておくことは大前提である。下記の表を見てほしい。

筋肉、内臓、肌、髪、爪、身体のありとあらゆるパーツの材料になる最も重要な栄養素。肉類や魚類、卵や乳製品に多く含まれる。1g=4kcal。

英語では「プロテイン」。日本人に一番不足している栄養素と言っていいだろう。不足すると筋肉量の減少、肌や髪にハリやツヤがなくなる、爪が弱くなるなどのさまざまなトラブルが起きる。

関節の健康や脳の働き、ホルモン分泌や脂肪燃焼においても必須の栄養素。オリーブオイルやゴマ油などの油類はもちろん、アーモンドや落花生、チーズなどにも含まれる。1g=9kcal。

ダイエットを始めるとむやみやたらと脂質の摂取をやめてしまう人が多いが、おすすめしない。しっかり脂質を摂取しないと身体がきちんと機能せず、脂肪燃焼の妨げになったり、筋肉を作るうえで有効に働くテストステロンの減少につながったりするからだ。ダイエット中でも、良質な脂質の確保をすることが大切である。

主に人間が活動するために使用され、身体や脳を動かすエネルギーとなる。穀類や麺類、果物などに多く含まれる。1g=4kcal。

糖質制限ダイエットなどの影響によって炭水化物は「悪」と捉えられがち。過剰摂取はもちろんNGだが、決して悪ではない。摂取するタイミングが大切で、主に活発な活動前(朝食、昼食、運動前)と運動後(グリコーゲン補充)に摂ることがベストなタイミングとされている。

必要なのはたった5つのステップだけ

マクロ管理法を行ううえで必要なステップを簡単に説明すると次の通りだ(図2参照)。ちなみに、今回は一般の人向けに、最もシンプルで簡単な設定法を紹介する。

  1. 性別・身長・体重・年齢をもとに基礎代謝を割り出す
  2. 1日の活動量を考慮し、1をもとに1日の消費カロリーを割り出す
  3. 2をもとに、あなたの目的(減量or維持or増量)に合わせて1日で摂取すべき総カロリーを割り出す
  4. 1日の総カロリーから、各マクロ栄養素を毎日何gずつ摂取すればいいかを割り出す
  5. あとは4のとおりに食事をしていくだけ

実際にマクロ管理法をやってみる

上記の手順を、自動で計算できるシミュレーターを下記のページに設置しています。
いますぐ確認してみましょう。

最強の食べ方WEB版・目次

1.最強の食べ方・概要

最強の食べ方について、どのような経緯でこの本とWEB版が生まれたのか、
なぜこの食事法が最強なのかについて説明しています。

2.マクロ管理法について

この本とWEB版の重要な考え方である、『マクロ食事法』についての説明です。
マクロ食事法とはなんなのか。またそれを構成する4つの栄養素について解説しています。

3.マクロ計算シミュレーター

実際に自身のマクロを計算することができます。
このページの結果をもとに食事を組むことができれば結果はついてきます。

Thanks!

この記事の内容をさらに詳しく解説した『最強の食べ方』本のご購入は下記のボタンをクリック