自動で摂取カロリーを計測?!最新ウェアラブル端末『GoBe2』が話題に

0
9319
記事のシェア

ロシアのHEALBE社が開発したGobe2というウェアラブル端末が話題になっていました。

この商品にはいくつか面白い機能があるのですが、画期的なのはセンサーで摂取カロリーを測定してくれるので、いちいち手動で入力する手間がかからないところです。
しかし、一体どのような仕組みになっているのでしょうか?下記をご覧ください。

GoBeが唯一あなたの体の情報を基に、あなたが実際に摂取しているカロリーを導き出します。FLOW™技術は一分間に数回インピーダンスセンサーの値を読み込み、あなたの体のグルコース値を一日中計測します。食後にインスリンによって細胞はグルコースを吸収し水分を外部に出します。GoBeは高低周波のシグナルを体の組織に送ることで、細胞内の水分量を判断しこれらの変化を計測します。FLOW™は常に変化する細胞内のグルコース濃度を把握しカロリー摂取の計測を行います。

GOBEのカロリー摂取の計測方法ってどうなってるの?

インピーダンスセンサーというのは電気抵抗を測定するセンサーで、家庭用の体脂肪計によく使われているものです。
参考:体組成計の原理

GoBeは、どれほど正確にカロリー摂取量を自動的に測定しますか? また、どのようにテストされましたか?

公式サイトによると、食品ラベルとの誤差は15%とのことで一日2000kcal程度を摂取する男性ならば±300kcal程度の誤差ということで、悪くはない精度のように思えます。
実際自炊してカロリーをコントロールしているつもりでも、油の量や、料理量によって、想定しているより多くカロリーを摂取してしまうことも珍しいことではないです。

GOBE2では、炭水化物、たんぱく質、脂質のそれぞれの測定ができるのですが、サイトの説明を見てもメカニズムがわからなかったので質問のメールを送ったところ、企業機密なので答えられないとのことでした。
ただ、一部は特許として資料が公開されているため、そのURLは回答いただけました。
METHOD FOR DETERMINING GLUCOSE CONCENTRATION IN HUMAN BLOOD 

他にもストレスチェッカー、睡眠センサー、水分量測定等、様々な機能がある面白いデバイスです。
精度など不安な点もありますが、興味ある方は購入してみてください。

最近はIT関連の発展が凄まじく、面白いデバイスがどんどん出てきますね!
今後に期待の分野です。


記事のシェア

コメントを書く