自分に厳しくするには?自制心の手に入れ方

0
5321
記事のシェア

おう。お疲れ。俺だ。今日のテーマは自分に厳しくあること、ズバリ自制心だ。取り敢えず今僕らが置かれている状況から軽く説明させてくれ。

 

日本に古くから根付く生涯雇用という概念もそろそろ崩壊を迎えるだろう。むしろ、崩壊していると言ったほうがいいな。会社に生涯を捧げるから、会社も社員を生涯面倒見る覚悟で雇うなんていう時代じゃない。絶対に潰れないと思っていた大企業がガンガン潰れていく時代だ。

 

大企業と言えども、めまぐるしく変化する社会に合わせて適応していかないと時代に取り残され絶滅する。これは人間も同じだ。こういった状況の中、今後益々「転職」「独立」「副業」という選択肢が一般的になり「個人としての実力」がモノをいう時代になっていくだろう。語学、専門性、人脈(名刺交換しただけでは人脈とは呼ばないぞ)、ソーシャルメディアでの影響力、何でも良いのだが、会社の看板なしでも輝く能力を身に着けていかないと生き残れない世の中になる。

 

断言するぞ。変化できない奴は生き残れない。

 

「いつクビになっても上等」ってぐらい個人の力を高めていく必要があるんだ。そこで重要になってくるのが、スキルアップ、いわゆる自己投資だ。そして、その自己投資の成功のカギを握るのが自分を厳しく律する力、自制心である。

 

自己投資はしたいんだけど、どうしてもやる気が湧いてこない。誰も見張ってくれてるわけじゃないから、自分に甘くなってしまいサボってしまう。なんて人は多いだろう。気持ちはわかる。だが考えてみてくれ。投資ってのは今するから将来稼ぐことができるんだ。今ダラダラする時間を献上して努力するから、将来何が起きても食っていけるスキルが育つんだ。

 

今自分に甘くすると言うのは、自分で自分の首を絞めている状態に他ならない。一時の快楽が我慢できなくて未来の利益をドブに捨てるなんて野生の動物と変わらんだろう?論理的に考えろ。未来の自分をメッチャ甘やかすために今自分に厳しくするんだ。今自分を甘やかすという行為は、未来の自分を厳しい状況に追いやる行為なんだ。これが分かってたら、自分に甘い人であればあるほど今頑張るという選択肢が最も合理的な選択じゃないか?

 

会社は君が私生活で幾ら堕落しようと何も言っちゃくれない。会社の目的は君の生活を保障することじゃない。利益の最大化だ。会社にとっては君が自分に甘くて何のスキルアップもせず会社に頼るしかない無能な状態でいてくれる事がベストだ。残業続きで社員の時間と思考力を奪い、転職という選択肢すらも与えないブラック企業なんて呼ばれる企業もあるよな。

 

仕事が忙しい、時間がないってのは重々承知の上だ。それでも、君たちは何とか時間を捻出して自己投資をしていなかければならない。運悪くブラック企業に当たってしまって、転職できるスキルもなかったら会社に飼い殺されることになるぞ?時間はあるもんじゃない。作るもんだ。自分の頭で考えて自分自身のために努力しろ。進化しろ。語学でも何でもよいから今日から始めるんだ。今スグだ。

できない人間なんていない。できないと思ってる人間がいるだけだ。要はやるかやらないか。今すぐ始めるか始めないかだ。俺のブログを読んで「確かになー」って思っても何も変わらん。明日には忘れてるだろう。今すぐやれ。何していいかわからんなら何するか決めるまで今日は寝るな。

 

何も思いつかなった君、明日の仕事帰りにジムに入会してこい。取りあえず筋トレして自信、体力、説得力のある身体を作るんだ。いつの時代でも身体は最高の資本だ。体力のある奴が、強い奴が最後に生き残る。これは間違いない。そして、筋トレは筋肉と共に自制心も育ててくれる。


 

筋トレやっときゃ人生なんとかなる。

 

何言われてもやる気おきねーって人は「五月病でやる気がおきない君に」という記事もチェックしてくれ。

 

人生のサバイバー共、また次回。

 

Testosterone


Testosteroneの最新の著書は上記画像からアマゾンで購入いただけます。

記事のシェア

コメントを書く