トレーニングするときってどんな靴を履くといいの?!トレーニングシューズ考察

0
2087

フィットネスクラブでトレーニングを始める際に、必ず用意するもののひとつにトレーニングジュースがあります。

トレーニングシューズは、足を守る役目以外にもしっかりと地面を踏ん張るなどパフォーマンスにも影響があります。

もちろん機能面以外でもファッション性など多くの役割をしめています。

お気に入りのシューズでジムにいくのは単純に楽しいものです。

しかし、ただ単に好きなシューズを選べばよいかというと、そういうわけではありません。

トレーニング効率をあげるためには、自身の体やトレーニングによってきちんとシューズを選ぶことをオススメします。

シューズの選び方

クッション性の高いシューズ

フィットネスクラブ、特にスタジオプログラムの充実したジムではクッション性の高いシューズが置いてあることが多いです。

エアロビクスのように、何度もステップを繰り返す運動ではクッション性の高いシューズを履くことで足への負担をやわらげます。

一方で、高重量を持つようなトレーニングでは、クッションが沈んでしまい返って踏ん張りにくくなります。

そのため、クッション性の高いシューズはカーディオトレーニング中心の方向けのアイテムになります。

クッション性がなくベタ底なシューズ

靴底に厚みがなく、いわゆるベタ靴と呼ばれるタイプです。このタイプはパワーリフターなどの高重量を扱う方が好んで使用することが多いです。

地面をダイレクトに押せるため踏ん張りやすく、スクワットやデッドリフトでロスが少ないなどの特徴があります。

デッドリフトの場合、単純に靴底が低いと地面に近くなるメリットもあります。

足首がかたくスクワットのしゃがみで踵が浮いてしまうような場合には、ベタ底のシューズよりも踵が高いシューズ(リフティングシューズ)がオススメです。

リフティングシューズ

ウエイトリフティングの競技用に踵が高くなったシューズです。前述のように、足首のかたさを補える優秀なアイテムであり、重量を扱うためのシューズであるためクッション性も高くありません。

ウエイトリフターだけでなくパワーリフターにも愛用者が多く、ジムで見かけた場合はほぼパワーリフターだと思って間違いありません。

コスパの高いシューズ

筆者もこれまでたくさんのシューズを試してみましたが、特にコスパが高いと感じたのは安価なフットサルシューズでした。

トレーニング用のシューズ購入にあたり注目したポイントは

・クッション性が高くない(むしろない)こと

・靴の外側面が強いこと

・デザインがそれなりにかっこいいこと

でした。

クッション性に関しては述べましたが、これに加え外側面が強いことは、スクワットなどで踏ん張った際にどうしても外旋の力がシューズにかかるため、靴の外側が破れやすい(つまりここが弱いと力のロスがある)からです。

この条件を満たしているシューズをいくつか考えてみたところ、室内競技かつ切り返し動作を頻繁におこなう競技用のシューズではないかという結論に至りました。

特にフットサルシューズは種類も多くデザインも選びやすい上に、安価なものほどクッション性が低いというトレーニーには有難いシューズなのです。

現在は、スクワットで高重量を扱う時には外側の強いフットサルシューズを使用し、その他の種目ではベタ底のシューズを使用しています。

シューズはトレーニングパートナー

トレーニングシューズはパフォーマンスだけでなく、トレーニングに向かう気持ちまで高めてくれる優秀なアイテムです。

ぜひ自分に合うシューズを選んで、より良いフィットネスライフを送っていただければと思います。