トレーニングギア入門編

0
1166
記事のシェア

 

トレーニングアイテムはギアとも呼ばれ、ウエア含めたくさんの種類があります。

今回は、トレーニングでの怪我を未然に防ぎ、高重量を扱うサポートをしてくれるトレーニングギアを紹介したいと思います。

ウエイトベルト

ウエイトベルトは最も一般的なトレーニングギアではないでしょうか。
ジムエリアにいけば必ずといっていいほど見かけるアイテムです。

このベルトは主に腰痛予防のために使われていますが、腰痛がある場合、腹横筋の機能低下が起こっていることが多いです。

この腹横筋は真上から見た時にちょうどお腹周りをぐるっと囲むようについており、きちんと収縮することで脊柱を安定させる働きがあります。

ベルトはこの機能を強烈にサポートしてくれるため、姿勢を保持するためには非常に優れたアイテムです。

特に、高重量でスクワットやデッドリフトをおこなう際におすすめですが、常に装着したままでは締まりが緩すぎるためトレーニング時はしっかり締め直すようにしましょう(それ以外は緩めておく)
最近ではレバーアクションベルトがメジャーになってきており、こちらはピンを抜き差しせずにベルトを締めることができる優れものです。

実際にベルトを巻くタイミングとしては、ウォームアップで扱うような軽い重量の時は巻かずにおこない、メインセットに入るあたりから使用することをおすすめします。

・おすすめ種目
スクワット、デッドリフトなど

ストラップ

ストラップはグリップをサポートしてくれ、握力不足を解消してくれるトレーニングギアです。

特に背中の種目では、握力以上の重量でトレーニングすることも珍しくありません。
また、握りすぎることで前腕に負荷が集中してしまい、うまく背中に効かせることができないといった事態にもなりかねません。

余計なストレスを排除し、背中に集中するためにとてもおすすめのアイテムです。
もちろん握力を鍛えたい場合は使用する必要はありませんので、目的に応じて使用しましょう。

ダンベルショルダープレスなど肩までダンベルを運ぶためにストラップを使用している場合は、肩にとって負担の大きい方向に落としてしまわないよう十分に注意しましょう。ストラップが外れないため大怪我をしてしまうリスクがあります。
・おすすめ種目
背中の種目、特に高重量でおこなうもの

リストラップ

ストラップと同じく手首に巻くギアですが、こちらは手首の保護のために使用します。

主にベンチプレスなどのプレス系トレーニングや、スクワットでバーを担ぐ際のサポートにおすすめです。

ベンチプレスでは高重量になると手首を寝かせることが多く、リフターやプレッサーのほとんどはリストラップを使用しています。

硬さや長さにバリエーションがあり、長くて硬いものほど固定力が強くなります。普段の使用重量にもよりますが、これまでリストラップを使用していない場合は柔らかく短い物の方が使い勝手は良いと思います。

パワーリフティングの試合出場を想定している場合は、硬いものに慣らしておくとよいでしょう。

リストラップの他に、膝をサポートするニースリーブ、肘をサポートするエルボースリーブなど各関節をサポートするギアもあります。

特にニースリーブは公式戦でも使用することが可能なので、同じく試合を視野に入れている方は使用してみるのも手です。

・おすすめ種目
ベンチプレスなどのプレス系種目

マウスピース

上記のようなトレーニングギアとは別に、マウスピースもトレーニング時にはおすすめのアイテムです。

噛み合わせが良くなることでトレーニングパフォーマンスの向上がはかれる他、歯の保護にも重要です。

筆者もハードトレーニングを続けた結果、歯科医の方から歯が陥没しているから必ず着けるようにとご指摘いただいたことがあります。

トレーニングを長く続けるのであれば検討してみるとよいでしょう。

まとめ

今回はトレーニングギアの中でも使用頻度の高いものを紹介してみました。

普段のトレーニング時に関節の痛みや、不安感がある場合は使用をおすすめしますが、もちらん必ずないといけないものではありません。

これら以外にも様々なギアやサポートアイテムがありますが、必要に応じてうまく活用しトレーニングライフをよりよいものにしましょう


記事のシェア

コメントを書く