トレーニングを継続する3つのコツ

0
3257

ボディメイクや健康維持増進、スポーツのパフォーマンスアップのためにと、トレーニングすべき理由は多岐に渡りますが、最も重要なことはこれらを継続することです。

運動習慣のある方にとって継続することはそこまで難しいことではないかもしれませんが、これから運動をはじめる、運動をはじめたての方々にとっては、1年、2年と先を思うと気が重くなることもあるでしょう。

今回は、トレーニングを習慣化するためのコツを3つピックアップしたいと思います。

達成可能な目標から少しずつ段階をあげる

○ヶ月で○kg痩せたい、ベンチプレスを○月までに○kg挙げるなど、人によって目標は様々です。体を動かすこと自体が好きな場合は別ですが、この目標は明確な方が成果もわかりやすく具体的なアプローチができてよいでしょう。

しかし、運動継続が目的であればもう少しハードルを下げた方が続けやすいものです。

週に1回ジムにいくのを3ヶ月続けてみる、毎朝体重を計ってみるなど、継続しやすく振り返りやすいものがオススメです。

皆さんにとって最も避けるべきは運動をやめてしまうことです。

上記のような目標でも、何かを継続することを達成したことは立派な成果です。

小さな目標をクリアしながらゆっくりと続けていくのが長続きするためのコツです。

トレーニング記録をつける

熟練トレーニーのほとんどの方がトレーニングしながら記録を残しています。

はじめはめんどうに感じるかもしれませんが、少しずつノートのページが増えるごとに愛着もわき、1冊終わる頃にはかなりの達成感を得ることができるでしょう。

書き方にルールはありませんが、その日のトレーニング記録とちょっとした気づきなどを書き込んでいくと、自分にとって大きな財産になることは間違いありません。

しばらくして最初のノートを見返した時に、数字として確かな成果を感じることができるはずです。

ノートは持ち運びやすい手軽なものがオススメです。トレーニングアイテムのひとつに加えることをオススメします。

定期的にイベントごとを設ける

毎日同じことの繰り返しでは、トレーニング効果もですが気持ちの面でも飽きてしまう恐れがあります。

ジムのスタジオレッスンなど定期的におこなわれているプログラムに参加することもひとつですし、各種目の自己記録に挑戦する日を設定するのもよいでしょう。

また、パーソナルトレーナーと契約し、定期的にプログラムを更新してもらうのもよいでしょう。

施設や環境を使いこなさない手はありません。色々と試していくなかで、自分に合うものを見つけていくことをオススメします。

大切なのは継続すること

冒頭でもお伝えした通り、まずは運動は継続し習慣化することが大切です。

1回のミスで全てが崩れてしまうようなハードな目標設定は、ある程度トレーニングが習慣化され更に上を目指すようになってからでよいでしょう。

まずは気長に続けてみる。少しずつできることが増え、体や気持ちにも少しずつ変化が
みられる。じゅうぶんなトレーニングの成果です。

まずは続けるを目標に、続ける仕組みから考えてみてはいかがでしょうか?