記事のシェア

大胸筋の下部狙いです。負荷が抜けづらく、関節への負担も少ないお勧め種目です。


記事のシェア

コメントを書く