スーパーでの買い物リスト~ボディメイクの鉄板食材~

0
5068
記事のシェア

この記事では、日本のスーパーで手に入るボディメイクにピッタリの鉄板食材を紹介します。皆さんもこの記事を読んで、いざ買い物に出かけましょう!

1.鶏胸肉、ササミ

「マッチョって、鶏胸肉とササミばっかり食べてるイメージだわ~」ええ、間違いではありません。イメージというか真実です。鶏胸肉とササミ程高タンパクで安い食材は他に存在しません。お金に余裕があるから牛肉食べるで!という人を除いて毎日食べる事になりますので諦めて美味しい調理法を見つけましょう!

2.卵

卵は超万能なタンパク源です。タンパク質のみ摂取したくて脂質を取りたくないときは白身だけを食べれば余計な栄養素をタンパク質以外一切含みませんし、黄身には栄養がギッシリ詰まっています。ダイエット中でもない限り、一日二個は食べたい所です。全卵2個、白身4個でオムレツを作ると高タンパクでボリュームたっぷりでおいしいですよ。ゆで卵にすれば、持ち運び可能なおやつにもなります。

3.カッテージチーズ

皆さんあまりご存じないかもしれませんが、カッテージチーズはスーパーの乳製品/チーズヨーグルトセクションに存在します。ヨーグルトの容器の様な器に入っているので持ち運び可能で、スプーンで食べられます。容器1つで約タンパク質35g,脂質8g,炭水化物3gと超優秀なマクロ栄養素。味付けなしでも慣れたら美味しく感じます。シリアルやグラノーラと食べると、最高に美味しいです。

4.刺身

お刺身は究極のタンパク源です。サーモンの刺身は良質な資質も含みますし、マグロの赤身なら100g中のタンパク質量は全食材の中で最高と言っても過言ではない部類。しかも、調理がいりません。

5.寿司

最強のタンパク源刺身x最強のバルクアップ炭水化物白米というバルクアップ中には願ってもない食品です。寿司は生ものでタイムセールになりやすいので、タイムセールを狙って美味しいお寿司を購入しましょう。トレーニング前にもトレーニング後にも最適です。

6.野菜

野菜にはバルクアップ中よりもボディメイク、特にダイエット中にお世話になります。限られたカロリー摂取の中で如何にお腹いっぱいに食べて栄養も確保するか?答えは野菜です。ブロッコリーやホウレン草はお腹いっぱい食べても大したカロリーではありませんし、食物繊維や栄養も豊富で腹持ちがよくダイエットの味方です。

7.パスタ

白米と比べパスタはGI値が低いため、血糖値の上昇が緩やかになり、その結果インスリンの分泌も緩やかになります。体脂肪をあまりつけずにバルクアップしたいという方、ダイエット中の方には必須の炭水化物源です。

8.オートミール

最も低価で最もGI値が低く最も食物繊維が豊富で最も調理が簡単な最強の炭水化物です。プロテインの中にぶち込んでそのまま飲むこともできますし、牛乳と共に電子レンジにかけてシナモンで味付けすればデザート感覚でも食せます。日本ではあまりメジャーではありませんがアメリカのアスリートの鉄板食です。

9.白米

日本といえば白米ですよね。白米は精製されたタンパク質ですのでGI値は結構高いですが、消化に良い為バルクアップ時や運動直後の糖質補給時には最高の炭水化物源です。冷凍しておけば電子レンジでチンするだけですし、重さを量っておけば炭水化物の量のコントロールも自由自在です。

10.サツマイモ

サツマイモは栄養、食物繊維共に豊富で低GIのアスリート食です。アメリカのアスリートの最も一般的な炭水化物源と言っても過言ではないでしょう。低GIの為、体脂肪を載せないリーンバルクや、食物繊維も豊富な為腹持ちが良くダイエット中にも適しています。

如何でしたでしょうか?知らない食材はありましたか?是非今後の食生活に取り入れてみてくださいね!


記事のシェア

コメントを書く