人間は生きているだけでカロリーを消費しています。
この時、脂肪と糖がおよそ半分の割合で消費されています。

脂肪の燃焼効率は運動強度によって違い、運動強度が高くなるにつれ糖が使われる割合が高くなります。
徒歩などのゆるい運動では脂肪燃焼の比率はそう変わりませんが、いわゆる筋トレ等の無酸素運動と呼ばれる非常に強度の高い運動では脂肪はほとんど使われず糖が主に消費されます。

そして、糖を使うということは、その運動で糖から得られるエネルギーが枯渇した場合、
体が筋肉を(体脂肪ではなく筋肉をというのが大切)分解してエネルギーに使うということなのです。

同じ運動時間なら消費カロリー(エネルギー量)は強度の高い運動の方が高いのですが、
同じエネルギー量ならより脂肪だけを燃やしてくれるのが強度の低い運動です。

ではどうやって脂肪燃焼効率の良い運動でのカロリー消費を増やすか。それが問題です。
低強度の運動時の消費カロリーを増やすには、筋量を増やすことが一番の近道です。
筋肉が大きければ大きいほど、何もしていない時や有酸素運動時の代謝が上がり、体脂肪をガンガン燃やしてくれます。

これが、ダイエットに筋トレが必須と言われる理由です。