ダイエットをする者にとって、ドーナツやケーキは爆弾と言っても過言ではありません。

皆さん、インスリンをご存知でしょうか?

インスリンとは、血糖値が上がった際に血糖値を正常値に戻すために分泌されるホルモンです。
血糖値を下げる効果を持っているのですが、インスリンの分泌中は摂取したカロリーを体内に溜め込むという性質も持っています。

以前流行った低GIダイエットを覚えていますか?

低GIダイエットの原理はこうです。低GIの炭水化物は、血糖値を緩やかに上昇させるためインスリンの分泌も最小限に収められます。
その為、高GIの炭水化物を摂取する食生活に比べ体内にカロリーを体脂肪として溜め込みづらくなるという理論です。
インスリンが大量に分泌されている時、身体は一番カロリーを溜め込みやすいタイミングになります。

例えば、ショートケーキを例にとってみましょう。
ショートケーキは主に高GIの糖分と高カロリーの脂質(バターや生クリーム)で形成されています。
この組み合わせは、ダイエットをするものにとって悪夢のような組み合わせです。
高GI糖分摂取により大量分泌されたインスリンが、高カロリーなバターや生クリームのカロリーを身体に取り込み結果体脂肪となります。
更に悪いことに、ドーナツやケーキにはタンパク質は愚か、ビタミンミネラルも含まれていません。
食べて幸せを感じる事は勿論大切ですが、栄養の観点からみるとこれ以上の悪役はいません。

これらの理由から、ドーナツやケーキはダイエットをする者にとって爆弾とも等しい存在と言えるのです。