1.ダンベルは放り投げてはいけない

gym-546138_960_720
ダンベルを使用したエクササイズ後に、ダンベルを思い切り床に放り投げる人がいます。ルール違反です。不注意で他人の足に落としてしまえば怪我に繋がりますし、床やダンベルも痛みます。周りの人もビックリします。ダンベルは丁寧に扱いましょう。

2. 使い終わった道具は必ず所定の位置に戻す

使い終わったダンベルやウエイトのプレートは、必ず元の位置に戻しましょう。特にウエイトプレートをバーベルに付けっぱなしにしてしまう人が多いですが、必ず外しましょう。殆どの人はウォームアップから始める為、あなたがメインセットで使用していた重量では重過ぎてわざわざ外さなくてはいけません。必ず所定の位置に戻しましょう。

3. 汗は拭きとる事

towellblue
マシーンやベンチを使用したら、必ず汗を拭きとりましょう。ジムのメンバー皆が気持ちよくジムを使用できる事を心がけてジムを使用しましょう。自分の汗を拭きとるのも勿論ですが、マシーンやベンチの汗を拭きとる為に常にタオルは常備しておきましょう。

4. 気合いや大声はほどほどに

baby-cougar-1065101_960_720
筋トレをしていると、特に重たい重量を扱うときは気合いの声を出したくなります。分かります。笑 ですが、周りにいる方が驚いてしまったりするような大声は極力控えましょう。

5. 人が筋トレしている真っ最中に話しかけない

ジムには様々な職種の方が居て、とても良い交流の場でもあります。ですが、ジムは本来筋トレを行う場です。セット間の休憩中なら相手の様子を見ながら会話をスタートするのもありですが、間違っても相手が筋トレの真っ最中の時に話しかけないようにしましょう。又、例えセット間の休憩中でもあまり長時間話しかけるのは避けましょう。筋トレの休憩はせいぜい1分から長くても3分間です。3分間以上話し続けると、せっかく温めた筋肉が冷めてしまったりパンプが薄れてしまい相手の筋トレを邪魔してしまう事になります。

6. 運動に適した服装

running-on-a-treadmill-thereby-including-some-aerobic-exercising-into-his-regimen-725x544
サンダルやジーンズで筋トレしてはいけません。ランニングシューズやスポーツウェアを準備してジムに行きましょう。

7. 鏡に注意を払う事

鏡でフォーム確認や、自分の筋肉を見ながら筋トレを行う事は非常に一般的です。これに気付かずに鏡と他人の間に入ってしまうと、気分を害してしまう事もあります。鏡には常に注意を払いましょう。

8. マシーン/ウエイトの共用

ジムが混んでいると、マシーンやダンベルを他の人と一緒に使わなくてはいけないなんていう状況も起こります。誰がか既に使っている場合は「一緒に使わせてもらってもいいですか?」と丁寧に聞きましょう。その際、その人の休憩時間(短い場合は一緒に使うのに支障が出る為待つ)や重量(重すぎる場合は重量を変える手間があり迷惑なので待つ)を観察してから聞きましょう。自分が使用しているマシーンやウェイトを待っている人が居たら、笑顔で「もし良かったら一緒に使いますか?インターバル(休憩)は2分でやってます。」と必要な情報を提供すると共に聞いてあげてください。

9. 匂い


トレーニングウェアは常に洗濯乾燥をし、異臭を放たないように心がけましょう。生乾きのトレーニングウェアで異臭を放つと、凄く迷惑ですし自分自身も気持ちよく筋トレできません。又、筋トレ中にあまりにも強烈な香水の匂いがすると気持ちよく筋トレできないという方もいらっしゃいます。強すぎる香水は避けましょう。

10. 誰もが気持ちよくジムを使えるよう心掛ける

girl-in-the-gym-1391369_960_720
細かいルールを述べてきましたが、一言で纏めると思いやりです。ジム会員の皆が気持ちよくジムを使えるよう周りを思いやってジムを使用しましょう。さあ、いざジムへ!!